5年ごとに健康ボーナス10万円が受け取れる引受緩和型医療保険【FWD富士生命ゴールドメディワイド】

ゴールドメディワイドの
メリットまとめ

5年ごとに健康ボーナス10万円がもらえる

年12万円かかる健康サービスが無料で受けられる

ゴールドメディワイドはFWD富士生命という生命保険会社の医療保険です。

通常の医療保険ではなく引受基準緩和型、つまり持病がある人でも加入できる終身医療保険(保障が一生涯続く医療保険)です。

引受基準緩和型では珍しく、健康ボーナスがもらえたり、医療サポートをしてくれる評判の高い健康サービスがついていたりと充実した保険商品になっています。

健康ボーナスが5年ごとに10万円!掛け捨てではない持病保険

ゴールドメディワイドの最大の特長は、「無事故給付金特約」にあります。

この特約を付けておくと、入院給付金・手術給付金などの保険金を受け取ることがなければ、5年ごとに無事故給付金として10万円が受けとれます。

もちろん、はじめの5年に入院給付金を受け取り無事故給付金は得られなくても、次の5年にはその権利は復活します。

【保険プラン一例】(40歳男性・終身払い・保険期間:終身の場合)

月額保険料 5,495円
入院給付金日額 5,000円
手術給付金 10万円(入院中)
2.5万円(入院外)
入院給付金支払限度日数 60日(通算限度日数:1095日)
先進医療特約 300万円
無事故給付金特約 10万円(5年ごと)

ゴールドメディワイド 資料請求はこちら

ゴールドメディワイドの保障内容

ゴールドメディワイドでは「持病の悪化」や「既往症の再発」も保障してくれる終身型の引受緩和型医療保険です。

基本情報

保険期間終身
保険料払込期間終身
契約可能年齢40~80歳

保障内容

主契約入院給付金
手術給付金
特約先進医療給付金
無事故給付金

主契約の保障内容

基本契約である主契約は入院給付金と手術給付金の2つです。

入院給付金

(疾病入院給付金・災害入院給付金)
・病気やケガで入院したとき
・入院給付金日額×入院日数を給付
・日帰り入院から最長60日まで保障
・通算1,095日まで

手術給付金

・病気やケガで所定の手術を受けた時
・公的医療保険制度の対象となる約1,000種類の手術を回数無制限で保障
・入院給付金が支払われる入院中に受けた手術は、入院給付金額×20倍を給付
・入院給付金が支払われる入院中以外に受けた手術は、入院給付金額×5倍を給付

特約の保障内容

オプションである特約は先進医療給付金と無事故給付金の2つです。

先進医療給付金

先進医療による療養を受けたとき、1療養につき300万円まで給付
通算1,000万円まで

無事故給付金

入院給付金または手術給付金の支払が5年の対象期間中になかったとき
健康ボーナスとして入院給付金日額×20倍を給付

告知事項は3項目のみ

FWD富士生命ゴールドメディワイドでは、持病・既往症があっても3つの質問すべて「いいえ」であれば申し込める商品です。

引受緩和型医療保険の中でも持病・既往症がある方が加入しやすいしやすい告知内容になっています。

また、健康状態について詳細に告知することで保険料の割増がされていないFWD富士生命の他の医療保険を契約できる可能性もあります。

告知事項が少なく加入しやすいと保険会社からすれば保険料支払いリスクが高くなります。

そのため、どうしても保険料が高くなってしまいます。

病状が安定している人は保険料の割増がされていない保険への申し込みも検討してみましょう。

ゴールドメディワイドの保険料

ゴールドメディワイドは3つのコースに分かれています。

①Aコース:入院給付金日額5,000円
②Bコース:入院給付金日額10,000円
③Cコース:入院給付金日額15,000円

どのコースも特約をつけることが可能です。

今回は主契約のみ、Aコースでの保険料試算です。

年齢男性女性
40歳5,495円4,890円
50歳6,430円5,685円
60歳7,985円6,970円
70歳10,225円9,270円
80歳12,480円12,405円

信頼度と評判の高いT-PECのサービスが無料で受けられる!

ゴールドメディワイドに加入すると、T-PECという健康サポート企業が提供する5つのサービスが、無料で受けられます。

詳細は以下に記しますが、T-PECのサービスは盛りだくさん。個人でT-PECに登録するとなると、年間12万円(初年度で17万円)かかります。

このサービスがすべて無料で受けられるのは、かなりお得です。

【T-PEC会費】

入会金 5万円(税別)
月会費 1万円(税別)


ゴールドメディワイド加入者は無料!

T-PECのサービス内容は主に以下の5つです。

①セカンドオピニオンサービス

セカンドオピニオンとは、2つめの意見のこと。

つまり、はじめに診察をうけた医師とは別の専任医師から、病状や治療法などについて意見をもらうことができるということです。

面談によるセカンドオピニオンの結果より高度な医療が必要と判断された場合、優秀な専門臨床医を紹介してもらえます。

②がんトータルサポートサービス

がんについてのトータルサポートが受けられます。

まずは、通常の健康診断や人間ドックでは発見できない早期のがんを発見できるPET検診。

こちらの予約代行だけでなく、優待価格で受けられます。保険に加入している本人だけでなく、同居の家族も同じサービスを受けられます。

がんと診断された後には、

  • 治療についての電話サービス
  • こころのサポートとして臨床心理士によるカウンセリング
  • 先進医療である粒子線治療ができる医療機関の紹介

など、多岐にわたるサポートが受けられます。

がん治療は長い闘いで、お世話になっている病院が信用できなくなることもあります。

そんなときに各方面からのサポートが受けられるのは心強いですね。

③健康医療相談サービス

日頃の健康管理や緊急時に、24時間・年中無休体制で電話で健康相談をすることができます。

④こころのサポートサービス

こころの悩みについて全国のカウンセリングルームで、専門カウンセラーと面談ができます。また、臨床心理士や精神保健福祉士と電話で相談することができます。

⑤糖尿病トータルサポートサービス

電話相談サービスを始めとして、保健師や看護師による面談、必要に応じて優秀な糖尿病専門医・医療機関の紹介も受けられます。

糖尿病にかかっていても加入できる引受基準緩和型医療保険なので、対象の方は利用価値ありですね。

ゴールドメディワイド 資料請求はこちら

関連記事

記事一覧

保険ランキング

がん保険

生命保険

医療保険

老後破産

学資保険

保険会社の評判

個人年金保険

保険の見直し

損害保険