定期保険で貯蓄を考えるってどういうこと?

 

生命保険の中には、定期保険という商品があります。

割安な保険料なのですが、掛け捨て型と言って払った保険料は解約しても戻ってきません。

しかし、見方を変えれば定期保険をうまく使ってお金を貯めることができます。

定期保険で貯蓄を考える、というのはどういうことなのか、その考え方をこれから解説していきます。

定期保険で貯蓄はできるのか

定期保険の特性

そもそも定期保険とはどういった保険でしょうか?

定期型生命保険とは死亡保険の一種で、ある定まった期間だけ死亡・高度障害時に保障をしてくれる保険です。

契約時に保障期間を定め、契約が満了した時には基本的には解約金が戻ってこない為、掛け捨て型の保険と言われています。

一方、解約して返戻金が発生する保険を貯蓄型保険と言います。

定期保険は、終身型生命保険や個人年金などの貯蓄型保険と比較して保険料が割安なのが特徴です。

また、貯蓄型保険はもしもの時の保障と貯蓄という二つの側面がありますが、定期保険は保障のみであり、シンプルな死亡保険とも言えます。

定期保険こそ保険で保証を準備しながら貯蓄できる

定期保険は基本的には掛け捨ての保険ですので、保険を解約した時に手元に戻ってくるお金である、解約返戻金は戻ってきません。

しかし、保障のみの保険なので月々の保険料が安くても、保険料に対して多くの保険金が出ます。

例えば終身保険で定期保険と同じ保障額を得ようとすれば、定期保険の数倍の保険料を支払わなければなりません。

定期保険は月々安い保険料で大きな保障を得られる、という訳です。

一方、解約返戻金がある貯蓄型保険は、満期まで支払うと保険料の総額より少し増えて返ってきます。

しかし途中解約すると大きなリスクを伴う場合があります。

どういうことかと言うと、早期に解約した場合、解約返戻率が100%を下回る(元本割れ)恐れがあります。

増えるメリットもあるものの、それまで支払った保険金の合計より解約返戻金が少なくなってしまう場合があるのです。

助手
頑張って保険料を払ったのに手元に帰ってくる時に払った金額より少ないと、それを貯金しとけばよかった!!って思ってしまいそうですね・・・。

博士
保険は損得より、もしもの保障を考えるのが本来の考え方じゃが、その気持ちはわからんでもないぞ。早期解約のデメリットが気になる人は、定期保険で保険料自体を低くおさえてその保険料を払っている期間に貯金をする、という考え方もあるぞ。貯蓄型保険と定期保険をさらに比較して考えてみようかの。

貯蓄型保険と定期保険、同じ保障ならどちらのほうが貯蓄できる?

では実際に、数字をあげて比較していってみましょう。

例としてオリックス生命の定期保険『ファインセーブ』終身保険『RISE』を比較してみましょう。

30歳男性、保障額300万円、60歳払込満了と条件を揃えて比較します。

まず、①定期保険ファインセーブの月額保険料、30年間の総額保険料、②終身保険RISEの月額保険料からファインセーブの月額保険料を引いてその差額を30年間貯金した場合の金額を表で比較してみましょう。

①30歳男性 保険金額:300万円 月払い(口座振替) 60歳払込満了
商品名 月額保険料 30年間の

保険料総額

終身保険との保険料差額を

貯金した場合の総額

オリックス生命

『ファインセーブ』

843円 303,480円 1,713,9601円

次に、②終身保険RISEの月額保険料、10年後、20年後、払込満了時(30年後)の保険料の総額と、それぞれの年数での解約返戻金、解約返戻金から保険料の総額を差し引いた金額で比較してみます。

②30歳男性 保険金額:300万円 月払い(口座振替) 60歳払込満了
オリックス生命

『RISE』

支払保険料総額 解約返戻金 解約返戻金から

保険料を差し引いた額

月額保険料 5,604円
10年後 672,480円 470,736円 -201,744円
20年後 1,344,960円 941,472円 -403,448円
30年後 2,017,440円 2,313,780円 296,340円

ここで気になるのが終身保険を60歳までに途中解約してしまった場合です。

終身保険の多くは低解約返戻金型といって、払込期間が終わらないうちに解約すると元金を大きく下回る様になっています。

『RISE』も低解約返戻金型ですので、途中解約してしまうと解約金が支払った保険料の総額より大幅に減ってしまうリスクがあるのです。(上記の図参照)

終身保険は60歳まで保険金を払い続けられれば、上記の様に多少増えて戻ってきます。

しかし返戻金との差は296,340円であり、この程度の金額であれば他の金融商品で増やせない額ではありません。

また、30年という長い年月の中ではライフスタイルも変化しますし、時には予期せぬ出費も発生するものです。

その時手元にすぐ使える現金や貯蓄の資産があればわざわざ元本割れする終身保険を解約せずに済みます。

しかし、手元にまとまって現金がない場合に保険を途中解約してしまうと現金で手元に残していた場合より損をしてしまいます。

それに、例えば子供が大きくなって教育費にお金がかかる様になった場合など月々の保険料5,604円が負担と感じる場合もあるのではないでしょうか。

定期保険で契約して、終身保険との差額を貯金していれば30年間の貯金の総額は1,713,960円。

金利はつかなくても、すぐに使える現金があるのは上記のリスクに対応するには心強いことです。

早期解約などのリスクを考えると、定期保険で準備した方が向いている人もいるのではないでしょうか。

保険を保障メインで考えた場合、定期保険がお得

例えば保険金額300万円で契約したとき、契約10年目で亡くなると同じ300万円もらうために今まで払った保険料は、定期保険(ファインセーブ)では101160円、終身保険(RISE)では672480円となります。(男性30歳、60歳満了と60歳払い済みで計算)

この様に、同じ300万円の保険金を受け取るにも関わらず、支払った保険の金額には50万円以上差が出ることになります。

実際に10年後に亡くなる確率は低いかと思いますが、生命保険はその人が亡くなった場合の保障を考える保険ですので保障メインで考えるのは本来的な考え方です。

この50万円以上の差額を銀行で貯金していた場合、定期保険の方が残された家族により多くお金を残せることになります。

低金利の今、お金を増やすという意識で貯蓄型保険を選ばなくてもよいのではないかと思います。

それに貯蓄型保険は他の金融商品と比べて特に利率が高いわけではありません。

勿論、貯蓄型保険にもメリットはたくさんあります。

早期解約のリスクや保険料として自動的に積立されていくことから半強制的に貯まっていきますので、銀行で貯めていると使ってしまいそう・・・という方には安心です。

また税金対策や生命保険料控除になるため、その目的のために貯蓄型保険に加入するのも有効です。

まとめ

  • 定期保険は掛け捨ての生命保険。払った保険料は戻ってこないが、その代わりに大きな保障が準備できる。
  • 同じ保障を得るのなら定期保険の方が保険料は圧倒的に安い。
  • 税金対策や社会保険料控除の為に貯蓄型保険に入るのもアリだが、定期保険に加入して貯蓄をがんばるのも有効な方法。
  • 現金で資産を持っていれば、何かあったときに柔軟に対処できる。
博士
(博士)定期保険で保険料を安く抑えて、浮いた分を銀行に預けて貯金したり、他の利率が良い資産運用に回したり。保険を、保障メインで考えるのか、貯蓄もできるものとして考えるのか。どこに重点を置いた考え方をするか?がポイントじゃな。
助手
貯蓄型保険は半強制的に貯まっていく感覚ですから、私みたいに手元にお金があったらすぐ使う人には合ってる、という考え方もできますしね!
博士
少し脱線するが貯蓄型保険をする人には、それとは別に貯金や現金を残しておくのをオススメするぞ。買い物のクレジット明細がホレこんなに・・・。
助手
いやーー!!!隠してたのに見つけないでください~~!!