学生におすすめのクレジットカードと作り方


これからクレジットカードを作ろうと思っている学生の人は以下のような悩みを抱えているのではないでしょうか?

  • クレジットカードってたくさんあるけど何をどう選べばいいの?
  • そもそもカードってどうやって作るの?
  • 損しないために利用で気を付けることはあるの?

初めてカードを持つ以上このような疑問や不安は当然のことです。

なので、今回は学生向けにクレジットカードの作成と利用に必要な知識をすべて紹介していきます。

学生におすすめのカード紹介はもちろんのこと、カード選びの基準やカードの作り方、利用する上での注意点など、必要な知識をすべて網羅していきます。

学生におすすめのクレジットカードをタイプ別に紹介

学生のあなたにオススメのクレジットカードを紹介していきます。

タイプ別に以下の7枚のクレジットカードを紹介していますので、自分の趣味や目的に合ったカードを申し込みましょう。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)は学生限定で発行可能な学生専用カードです。

年会費は実質無料(年1回のカード利用で翌年無料)でポイント還元率は1%と高還元です。

1,000円利用につき2ポイント(10円相当)が貯まり、貯まったポイントは以下のように様々な用途に利用できます。

  • Amazonギフト券との交換
  • 他社ポイントへ移行(dポイントなど)
  • 三井住友VISAプリペイドへチャージ

また、入会3ヶ月間はポイントが5倍になり、大手コンビニの利用でもボーナスポイントが貯まります。

具体的にはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの利用で、通常のポイントにプラスして250円毎に1ポイント(ポイント還元率4%)のボーナスポイントが付与されます。

学生専用カードにしか実現できない最高クラスのポイント高還元カードなので、ポイントによる節約重視の学生におすすめです。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードは学生限定で発行可能な学生専用カードです。

年会費無料でポイント還元率は0.5%となっています(1000円利用につき5円分のポイント付与)。

ポイントは以下のような形で利用できます。

  • ポイント類へ移行(ベルメゾンポイントなど)
  • Amazonギフト券との交換
  • QUOカードなどの商品券と交換

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯し、さらに海外での利用額の5%分がキャッシュバックされます。

※自動付帯とは条件なしで適用される保険の付帯形式のこと。旅行代金の一部をカードで払うなどの条件が付く利用付帯とは異なる

海外利用に強いカードなので、積極的に海外旅行へ行く予定のある学生におすすめです。

イニシャルカード

イニシャルカードは29歳以下の若者限定のクレジットカードで、年会費は在学中無料になります。

ポイント還元率は0.5%と平均的ですが、入会3ヵ月ポイント3倍や月10万以上の利用で基本ポイントの50%分加算など、ポイント倍率アップのサービスが充実しています。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯しているので、海外旅行に行きたい学生にもおすすめです。

※自動付帯とは条件なしで適用される保険の付帯形式のこと。旅行代金の一部をカードで払うなどの条件が付く利用付帯とは異なる

さらに、イニシャルカードは初回のカード更新時(原則5年後)に「MUFGカード ゴールド」にランクアップします。

「MUFGカード ゴールド」の年会費は1,905円(税別)とゴールドカードのなかでは格安。

将来お手頃な年会費でゴールドカードを持ちたいと考えている学生にイニシャルカードはおすすめです。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは年会費無料で最短即日発行が可能なクレジットカードです。

申し込んだその日に発行されたカードは、その日のうちに受け取ることが可能

全国50以上の提携店舗で受け取りが可能です。

セゾンカードインターナショナルのポイント還元率は0.5%で、1,000円利用につき5円相当の永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。

永久不滅ポイントは通常のクレジットカードとは異なり有効期限がないため、ポイントの失効を気にすることなくゆっくり貯めることができます。

貯めたポイントは景品との交換やお買い物代金への充当、他社ポイントへの移行など様々な形で利用できます。

交換可能な他社ポイント例
  • dポイント
  • WALLETポイント
  • ベルメゾンポイント

JALカード navi

JALカード naviはカード利用額に応じたJALマイルが貯まるカードで、帰省や旅行での飛行機移動が年に1回以上ある学生におすすめです。

JALカード naviは年会費無料でカード利用額あたり1%のマイル(100円=1マイル)が貯まり、ファミリーマートなどのJALカード特約店なら2倍のマイルが貯まります

さらにフライト毎のボーナスマイル(フライトマイルの10%)や毎年初回搭乗ボーナス(1,000マイル)、語学検定ボーナスマイル(500マイル)などのボーナスマイルも多数。

貯まったマイルは減額マイルキャンペーンで国内の往復チケットに6,000マイルで交換できるほか、海外の往復チケットにも7,500マイル(韓国)から交換できます。

海外旅行者向けの最高2,000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯しているので、海外旅行に積極的に行きたい学生にもおすすめです。

※自動付帯は無条件で適用される保険。利用付帯だと旅行代金の一部カード決済などが必要になる

エポスカード

エポスカードは年会費無料で全国10,000店舗での優待が受けられるクレジットカードです。

エポスカードの優待を利用するとカラオケ館、シダックス、BIGECHO(ビックエコー)などのルーム料金を30%OFFで利用できるため、カラオケ好きの学生におすすめです。

※利用条件や詳しい内容は会員専用WEBページ「エポスNet」で確認できます

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているほか、最短即日発行も可能なので急に海外旅行が決まった学生にもおすすめです。

※自動付帯…無条件で利用できる海外旅行傷害保険の付帯形式。旅行代金の一部をカード決済するなどの条件が付く利用付帯と区別するために使われる。

ポイント還元率は0.5%で200円利用ごとに1ポイント(1円相当)が貯まります。

貯まったポイントはカード利用代金からの割引やエポスvisaプリペイドカードへのチャージ、グッズとの交換などに利用できます。

学生がカードを持つ便利でお得なメリット6つ

クレジットカードには多様な支払い方法やポイントサービスが用意されているため、現金で支払うよりもカード払いの方が便利でお得です。

ここでは現金にはないクレジットカードの代表的なメリットとして、以下の6つを紹介していきます。

カード利用で貯まるポイントで節約ができる

クレジットカードを利用するとそのカードにポイントが貯まるため、カード利用は現金払いよりもお得です

クレジットカードのポイントは商品券やTポイントなどのポイント類と交換したり、キャッシュバックに利用できるので、現金とほぼ同じ価値を持っているからです。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードを5万円利用すると500円相当の「ワールドプレゼントポイント」というポイントが貯まります。

「ワールドプレゼントポイント」の利用方法にはAmazonギフト券との交換があるので、500円相当のポイントはAmazonでのお買い物に利用できるということになります。

このようにクレジットカードを利用することによって貯まるポイントは日々の節約に利用できるのです。

ちなみに毎日のお昼ごはんを三井住友VISAデビュープラスカードで買う場合と、現金で買う場合ではどれくらいお得度は変わってくるのでしょうか?

以下でシュミレーションしてみましたので気になるあなたは確認してみてください。

【毎日の昼食代(1,000円)を現金で購入した場合】
360,000円(1年間) × 0(ポイントなし) = 0円
【毎日の昼食代(1,000円)を三井住友VISAデビュープラスカードで購入した場合】
360,000円(1年間) × 0.01(ポイント還元率1%) = 3,600円
三井住友VISAデビュープラスカード

  • 年会費実質無料
  • ポイント還元率1%
  • 入会後3ヵ月間はポイントが5倍
  • コンビニ利用でボーナスポイントあり
  • 「三井住友VISAプライムゴールドカード」へのランクアップサービスあり

三井住友VISAデビュープラスカードの内容を見る

カラオケやスーパーなどのお店で割引を受けることができる

クレジットカードはカードを持っているだけでスーパーやカラオケでの割引を受けることができるため、生活費の節約につながります

カード会社は競合他社のカードとの差別化のために、各クレジットカードに特定のお店で割引や特別なサービスを受けられる「優待」を付帯させているからです。

例えば、セゾンカードインターナショナルには毎月第1・3土曜日に西友やLIVINのお買い物が5%OFFになる優待が付帯しています。

このような優待を活用することで毎日の生活をよりお得にできるのもクレジットカード利用の大きなメリットです。

優待が付帯しているクレジットカードで学生におすすめなのはエポスカードです。

エポスカードは10,000店舗以上のお店で優待を受けることができ、学生がよく利用するカラオケ館、シダックス、BIGECHO(ビックエコー)などのカラオケルーム料を30%OFFで利用できます

年間で30,000円カラオケを利用する場合は9,000円もお得になるので、カラオケによく行く学生の人は必見のクレジットカードです。

エポスカード

  • 年会費無料
  • 優待の店舗数は10,000以上!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険自動付帯
  • 最短即日発行!
  • 年会費無料のゴールドカードへのランクアップあり

エポスカードの内容を見る

支払い期日を遅らせることができる

クレジットカードには様々な支払い方法が用意されており、購入した商品の支払い日を6ヶ月以上先にすることもできるので、手元にお金がなくても商品を入手することが可能です

なぜならクレジットカードには、手数料無料でカード利用日に応じたボーナス時期まで支払いを延ばせる、「ボーナス一括払い」があるからです。

例えば、ライフカードのボーナス一括払いを利用すると、支払い日はそれぞれ以下のようになります。

利用日 支払い月
12月16日~7月15日 8月
7月16日~12月15日 1月

このように支払いを数ヶ月先まで伸ばすことができるので、いますぐ商品が欲しいけど手元にお金が無い時には便利な支払い方法です。

「ボーナス」という言葉が入っていますがボーナスをもらっていない人でも利用できます。

ただし、店舗などによって利用できない可能性があるため、利用する時は事前にお店に確認を取りましょう。

高い商品の支払いを数ヶ月かけて行うことができる

クレジットカードには様々な支払い方法が用意されているので、「高い商品を先に入手し、支払いはその後の数ヶ月をかけて行う」というようなことも可能です

なぜならクレジットカードには、自分で指定した月数に分けて商品代金の支払いを行える、「分割払い」という支払い方法が用意されているからです。

例えば、分割払いを利用して30,000円の商品を3ヶ月かけて支払う場合は、以下の画像のような支払いイメージとなります。

分割払いは手元のお金が足りない時の商品購入や大きすぎる支払い負担を分散する時に利用できますが、利用には手数料がかかるので注意が必要です。

手数料は利用金額の大きさと何カ月かけて支払いを行うか(「○回払い」という言い方をします)で決まります。

参考までに三井住友カードの分割払いの手数料表を載せておくので気になる人はチェックしてみてください。

支払回数
支払期間
3回
3ヵ月
5回
5ヵ月
6回
6ヵ月
10回
10ヵ月
実質年率(%) 12.00 13.25 13.75 14.25
利用代金100円あたりの分割払手数料の額(円) 2.01 3.35 4.02 6.70

分割払いを利用する前には必ず「総額でいくらかかるのか?」「支出に余裕はあるのか?」ということを検討するようにしましょう。

使い過ぎかどうかを簡単に確認できる

クレジットカードを利用することで、レシートを保存したりスマホなどにメモをしなくても、毎月の支出が多すぎるか否かを簡単に確認することができます

なぜならクレジットカードの利用記録はカード会社が保存し、分かり易い形にまとめて送ってくれるからです。

カード会社が分かり易い形にまとめて送ってくれる利用記録は利用明細と呼ばれ、過去数ヶ月~数年分の毎月の利用先、利用日、利用毎の利用額、合計利用額などを確認することができます。

確認は会員専用のWEBページから可能で、PDFファイルとして自分のパソコンに保存することもできます。

同じことを現金でするとなると、レシートを保存したりスマホに金額をメモするなどの必要があるので、手間がかかり面倒です。

毎月の支出を簡単に把握できる点はクレジットカード利用のメリットと言えるでしょう。

将来のローンやカードの審査が有利になる

クレジットカードの支払い記録は他のカード会社やローン会社などに共有されて審査の材料にされるので、クレジットカードの支払いを毎月滞りなくすれば、将来のローンやクレジットカードの審査が有利になります

なぜなら、カード会社やローン会社などは毎月滞りなく行ったカードの支払い記録を見て、「この人は返済に遅れない信用できる人物だ」と判断してくれるためです。

何故クレジットカードの支払い記録は他のカード会社やローン会社などに共有されるのでしょう?

クレジットカードの支払い記録を含むクレジットやローンなどの信用取引の利用履歴はクレヒスと言いますが、クレヒスは消費者への過剰な貸し付けを防止するために個人信用情報機関と呼ばれる組織によって他のカード会社やローン会社などに共有されます。

例えばA社からカードローンで借入を行って支払い能力が無くなった状態でB社のカードローンに申し込んだ場合、A社とB社の情報共有ができていないと、B社は何も知らずに貸し付けを行ってしまうかもしれません。

そうなるとB社が損をする可能性があるだけでなく、借入をした当人も多重債務者となり余計に苦しい思いをすることになります。

個人信用情報機関はこうした事態を避けるために、カード会社や消費者金融会社などの返済義務を伴う商品やサービスを提供する会社を加盟企業として、消費者のクレジットやローンなどの利用履歴を共有する役割を果たしているのです。

クレジットカードの利用方法はお店でもネットでも簡単

クレジットカードの利用方法は簡単ですが、学生のなかには以下のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

「まだクレジットカードを使ったことがないから初めての利用で失敗しないか不安…」

ここではそんな不安を解消するために、お店とネットでのクレジットカードの利用方法をそれぞれ紹介していきます。

お店でのクレジットカードの利用方法

お店でのクレジットカードの利用方法は店員さんにクレジットカードを提示して、「一括払い」や「分割払い」などの支払い方法を伝えるだけです

カード払いの細かい流れはお店によって異なりますが、店員さんがするべきことを教えてくれるので、その指示に従えば問題ありません。

本人確認のために暗証番号の入力や売上票にサインを求められますが、暗証番号はカード申込み時に設定する4桁の数字を入力するだけですし、売上票にはカード裏面の署名欄に記載したサインと同じものを書けばOKです。

カードの署名欄には必ずサインをしようクレジットカードが届いたらすぐにカード裏面の署名欄に自分の名前を書きましょう。サインなしでカード利用をするのは規約違反になります

ネットでのクレジットカードの利用方法

クレジットカードでヤフーショッピングなどのECサイトでお買い物をする場合もクレジットカードでの支払いが可能です

例えば、ヤフーショッピングショップでクレジットカード払いを利用する場合は以下の流れとなります。

ヤフーショッピングでのカード決済の流れ
欲しい商品をカートに入れる

ショッピングカート一覧ページで「ご注文手続きへ」ボタンを押す。

クレジットカード情報を入力する

注文を確定する

楽天市場やアマゾンでも同様にクレジットカードによる決済が可能です。

クレジットカード決済ができたかどうかはカード会社から届くカード利用のお知らせ(メール)や会員専用のWEBページで確認ができます。

学生がカードを選ぶ時の5つのポイント

「クレジットカードを自分で選びたい」という学生の中には、以下のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

「クレジットカードって何をどう選べばいいの……」

世の中には500種類近くのクレジットカードがあるので、カード選びは基準をもって行わなければキリがありません。

そこで、ここでは学生がクレジットカードを選ぶ際に有効な5つの基準(視点)を紹介します。

ここで紹介する基準を利用するだけで、見るべきクレジットカードの数をかなり絞ることができますよ。

学生限定で発行できる学生専用カードをチェックする

学生限定で発行できる学生専用カードは他のクレジットカードと比べて抜群にサービスの質が高いため、学生は学生専用カードを必ずチェックしましょう

何故、学生専用カードのサービスが他のカードに比べて高いかというと、学生専用カードはカード会社が学生を顧客として囲い込むために作られた商品だからです。

学生はこれから社会人になり収入も支出も右肩上がりになっていく身分のため、カード会社は学生を将来の大きな収益源として見ているのです。

そのため、学生の顧客を少しでも多く獲得するために、サービスの質が高い学生専用のクレジットカードを発行しているのです。

学生専用カードのサービスの質が高い例を挙げると、JALカード発行の「JALカード navi」(学生専用カード)と「JALカード」(一般カード)には以下のようなサービスの違いがあります。

JALカード navi JALカード
カードフェイス
年会費 2,000円+税 在学中無料
マイル還元率 0.5%(200円で1マイル) 1%(100円で1マイル)
海外旅行傷害保険 最高1,000万円 最高2,000万円
減額マイルキャンペーン※1 なし あり


※1…通常より少ないマイルで航空券と交換できるサービス

学生専用カードの中でおすすめなのは次の3枚です。

オススメの学生専用カード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • JALカードnavi
  • 学生専用ライフカード

何れも学生の利便性を考慮した上でサービスの質を高めたカードなので、学生は必ずチェックするようにしましょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

  • 年会費実質無料
  • ポイント還元率1%
  • 入会後3ヵ月間はポイントが5倍
  • コンビニ利用でボーナスポイントあり
  • 「三井住友VISAプライムゴールドカード」へのランクアップサービスあり

三井住友VISAデビュープラスカードの内容を見る

JALカードnavi

  • 在学中年会費無料
  • マイル還元率1%
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険自動付帯
  • 6,000マイルで国内の往復チケットと交換できる
  • ボーナスマイル多数

JALカードnaviの内容を見る

学生専用ライフカード

  • 年会費無料
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外利用で5%キャッシュバック
  • ポイント還元率0.5%
  • 携帯料金をカード決済にすると毎月Amazonギフト券プレゼントのチャンス

学生専用ライフカードの内容を見る

年会費無料のクレジットカードをチェックする

学生は社会人とは異なり収入が少ないため、カード所有に対して毎年かかる年会費が無料のカードを選ぶようにしましょう

年会費有料のカードは少なくとも毎年1,000円以上の年会費がかかるため、学生にとっては大きな出費になってしまうからです。

例えば、JALカード発行のJALカードSuicaは年会費が2,160円(初年度無料)かかるので、4年間利用すると6,480円の出費となってしまいます。

6,000円の出費でも家計には痛手になってしまう学生の人は必ず年会費無料のクレジットカードを選ぶようにしましょう。

VISAかMasterCardから選ぶ


※国際ブランドの画像

VISAやJCBなどのカード表面にあるマークのことを「国際ブランド」と言いますが、最初のカードの国際ブランドはVISAかMasterCardを選ぶのがおすすめです

なぜなら、クレジットカードは搭載されている国際ブランドに加盟している店舗でしか利用できないのですが、VISAとMasterCardはこの加盟店の数が抜群に多いためです。

実際、日本で主要な国際ブランドの世界における加盟店数は以下のように大きく異なります。

国際ブランド名 加盟店数
VISA、MasterCard 約3,810万店
JCB、DinersClub、AMRICAN EXPRESS 約2,300万店

加盟店の数が多いということは利用できるお店の数が多いということなので、加盟店数はクレジットカードの利便性に直接影響します

クレジットカードは決済ができてこそ価値があるので、最初の1枚目を選んでいる学生の人はVISAかMasterCardが搭載できるカードを選ぶようにしましょう。

ポイント還元率の高いカードをチェックする

カード利用によって貯まるポイントは現金同様の価値があるため、節約志向の学生はポイント還元率の高いカードを選びましょう

なぜならクレジットカードのポイントは以下のようなものに交換することができるからです。

  • ポイント(Tポイントなど)
  • オンラインクーポン(アマゾンギフト券など)
  • 商品券(三井住友カードVJAギフトカードなど)
  • 現金(キャッシュバック)
  • プリペイドカードへのチャージ(三井住友VISAプリペイドなど)

ポイント還元率は100円利用につき円に換算して何%のポイントが付与されるかを示した指標なので(100円利用で1円なら1%)、より高いほど節約効果は高まります。

ポイント還元率は1%以上が高還元なので、節約志向の学生はポイント還元率が1%以上のクレジットカードを中心に見るようにしましょう。

具体的には三井住友VISAデビュープラスカードがオススメです。

三井住友VISAデビュープラスカードはポイント還元率1%の高還元カードで、しかも年1回以上の利用で翌年の年会費が無料になります。

また、入会3ヶ月間はポイントが5倍という特典付きです。

三井住友VISAデビュープラスカード

  • 年会費実質無料
  • ポイント還元率1%
  • 入会後3ヵ月間はポイントが5倍
  • コンビニ利用でボーナスポイントあり
  • 「三井住友VISAプライムゴールドカード」へのランクアップサービスあり

三井住友VISAデビュープラスカードの内容を見る

海外旅行傷害保険が付帯しているカードをチェックする

クレジットカードには海外旅行中のケガや病気などを補償してくれる海外旅行傷害保険が付帯しているものもあるので、海外旅行へよく行く学生の人は海外旅行傷害保険が付帯しているカードをチェックするようにしましょう

海外では日本の健康保険証が利用できず全額自己負担となってしまうので、治療費が高額になります。

ハワイの病院のICUで治療を受けて3,800万円の治療費がかかったケースもあるほどです。

ある海外旅行保険会社によると、ここ5年間で扱った日本人医療費の最高額は、病気でハワイにある病院のICUで治療を受けたケースで3800万円だったそうです(後略)

海外は治療費が高いのに加え、日本と比べて治安が悪い国が多いので、海外旅行保険が必須です。

海外旅行へよく行く学生は海外旅行傷害保険付きのカードを中心に見るようにしましょう。

ただし、クレジットカードの海外旅行傷害保険では補償の限度額が足りない場合もありますので、あくまでもクレジットカードの海外旅行傷害保険は保険会社の海外旅行保険の足しに使うようにしましょう。

海外旅行傷害保険の有効な活用法カードの海外旅行傷害保険は無料ですが補償の限度額は低いです。しかし、保険会社の海外旅行保険と合算ができるので、海外旅行にかかる保険代を低くするのに役立てることができます

海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードでおすすめなのはJALカード naviです

JALカード naviは最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

自動付帯というのは無条件で保険が適用される保険の適用形式で、適用に旅行代金の一部カード決済などの条件が付く利用付帯よりも便利でお得です。

JALカードnavi

  • 在学中年会費無料
  • マイル還元率1%
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険自動付帯
  • 6,000マイルで国内の往復チケットと交換できる
  • ボーナスマイル多数

JALカードnaviの内容を見る

申込み方法は最も楽で便利なネット申込みがおすすめ

カードの申込み方法にはネット申込み(WEBページでの申込み)、郵送申込み(書類の郵送)、店頭申込み(提携店の窓口での申込み)の3種類がありますが、最も楽で便利なネット申込みがおすすめです

ネット申込みには郵送申込みのような書類郵送の手間や店頭申込みのようなリアル店舗への移動が必要ないためです。

また、ネット申込みは郵送書類の受け取りや窓口へのスタッフ配置といったカード会社の人件費がかかりません。

そのため、コストが浮いた分入会者向けの特典もネット申込みが最も充実しています。

ネット申込みでカードを作成する流れは以下の通りです。

ネット申込みでのカード作成の流れ
STEP1:申込みに必要なものを用意する

STEP2:欲しいカードの公式サイトに行く

STEP3:申込みボタンを押して申込みページで年齢や性別などの情報を入力する

STEP4:申込み内容を確認して申込みを確定する

STEP5:カード会社による審査とカード発行

STEP6:カード会社によるカード郵送

STEP7:カード受け取り(利用開始)

STEP1の申込みに必要なものは以下の3点です。

  • 本人確認書類
  • 学生証
  • 銀行口座(カードによっては銀行印も必要)

本人確認書類は運転免許証があれば運転免許証を用意しましょう。

なければ以下のものを用意しましょう。

有効な本人確認書類
  • 健康保険証
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

ただし、顔写真のないものや現住所と異なるものを利用する場合は、公共料金の領収書などの追加書類の提出が必要になります。

法律により未成年は親権者の同意が必要民法の決まりにより未成年のカード申込みには親権者の同意が必要になります。カード会社は未成年の申込者の親権者には電話か書面で同意の確認を取るので、未成年の学生は事前に両親にカードを作る旨を話しておきましょう

カード会社にとっての投資枠である学生なら無収入でもカードを作れる

原則としてカードの発行には返済能力の源である収入が必要になりますが、カード会社は学生を将来のための投資枠として位置づけているので、無収入の学生に対してもカードを発行します

カード会社が学生を投資枠として位置付けているのは、学生がこれから社会人になり収入と支出が伸びていく身分だからです。

社会人は貰った給料で結婚や子どもの養育などの費用を賄っていくことになりますが、カード会社はそうした出費を自社のカードでしてもらい、利益を得たいと考えています。

そのため、カード会社は「返済能力がない人に対してカードを発行する」というリスクを冒してでも、学生に対してはカードを発行するのです。

無収入でクレジットカードを作れるかどうか不安に思っている学生の人は安心してカードに申し込みましょう。

カード発行までは2週間~急ぎの学生には即日発行カードがおすすめ~

カード審査には申込者の勤め先への電話による在籍確認などの作業があるため、カード発行までは約2週間の期間を要するので、今日明日にでもカードが欲しい学生には即日発行カードがおすすめです

なぜなら即日発行カードは最短で申し込んだその日にカードを受け取るができるからです。

即日発行カードはコンピュータによる自動審査と全国の提携するお店でのカード発行を行うことで、申込者に即日でカードを渡すことを可能にしています。

つまり、申込者は即日発行カードに申し込み、カード発行完了後に申込時に指定したお近くの提携店舗へ足を運ぶことで、その日の内にカードを入手できるのです。

今日明日や1週間以内にクレジットカードが欲しい学生は即日発行カードに申し込むようにしましょう。

おすすめの即日発行カードはセゾンカードインターナショナルです。

セゾンカードインターナショナルは最短で申込日に審査回答がもらえ、審査通過後はパルコやららぽーとなど全国50店舗以上の提携店舗で受け取ることができます。

年会費も無料でカード利用額に応じた有効期限のない永久不滅ポイントも貯まる(1,000円利用で5円分のポイント付与)ので、カード初心者にも使いやすい1枚です。

セゾンカードインターナショナル

  • 年会費実質無料
  • 最短即日発行可能
  • ポイントは有効期限なしの永久不滅ポイント
  • ポイント還元率0.5%
  • 第1・第3土曜日は西友・LIVINのお買い物が5%OFF

セゾンカードインターナショナルの内容を見る

カードの配達時には在宅&本人確認書類が必要

クレジットカードは郵送形式によっては本人しか受け取りができず、かつ配達時に本人確認書類が必要になるケースがあるため、カードの受け取り時には注意が必要です

クレジットカードの受け取り形式は以下の3つでそれぞれ受け取り方が異なります。

カードの郵送形式
  • 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)
  • 受取人確認サポート
  • 簡易書留

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)は日本郵便による郵送で、局に荷物が届いたことを示す到着通知書を受け取り、その通知書に従い郵送か窓口での受け取りを選択します。

郵送でも窓口での受け取りでも本人限定で受け取りが可能で、受け取り時には以下の本人確認書類が必要になります。※窓口受け取りの場合は到着通知所の持参も必要。

  • 運転免許証
  • 日本国旅券(パスポート)
  • 個人番号カード
  • 健康保険証本人限定受取郵便(特定事項伝達型)

※上記の書類が用意できない場合は日本郵便「本人確認書類としてご利用可能なもの」を確認しましょう。

受取人確認サポートは佐川急便の郵送形式で、受け取りは本人限定で以下の公的証書の何れか1点が必要となります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

簡易書留は日本郵便の郵送形式で受け取りは家族でも可能です。

また、受け取りの際に本人確認書類を提出する必要はありません。

収入の安定していない学生のリボ払い利用はNG

リボ払いは毎月の支払い額を自分で設定した額にする代わりに、利用残高(未払い分)に対して実質年率15%程度の利息がかかる支払い方法なので、学生は利用するべきではありません

なぜなら、収入が少ない学生は毎月の支払いを少額に設定する可能性が高く、いつまでも減らない利用残高にかかる利息を延々と支払う羽目になる可能性が高いからです。

例えば、リボ払いで買った30,000円の商品の支払い額を毎月10,000円に設定した場合、翌月の支払い額は10,000円プラス利息になります。

利息は毎月の締日時点での利用残高に対してかかるため(実質年率15%程度)、支払額が少ないほど利用残高が減るスピードが遅くなり、毎月の利息も大きくなります。

そのため、収入が少ない学生が利用するのは危険なのです。

学生の人は支払いに行き詰って苦しい思いや後悔をしないためにも、リボ払いは絶対に利用しないようにしましょう。

収入の少ない学生は借入ができるキャッシング機能を利用しない

クレジットカードにはAMTなどでお金を借りることができるキャッシング機能がありますが、収入の少ない学生は利用しないようにしましょう

なぜならキャッシング機能を利用すると借入額に応じた利息が付いてしまうためです。

利息とは借入残高(未返済額)と返済日数に応じてつく手数料のことで、クレジットカードのキャッシングでは借入残高に対して実質年率18%程度の利息が付きます。

例えば、実質年率18%のクレジットカードで10万円を借りた場合、1ヶ月で返済したとしても1,500円近くの利息がかかります。

【実質年率18%のクレジットカードで10万円を借りた場合の利息】
10万円(借入額) × 0.18(実質年率) ÷ 365(1年の日数) × 30(1ヶ月の日数) = 1479円(利息)

経済力のない学生が使うと泥沼に陥る可能性が高いので、キャッシングは絶対に利用しないことをおすすめします。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

三井住友VISAデビュープラスカードは年1回の利用で翌年の年会費も無料になる年会費実質無料カードです。

ポイント還元率1%の高還元カードでさらに入会3ヶ月間はポイントが5倍となるので、ポイントを重視する学生にオススメです。

貯まったポイントは景品や他社ポイントへの移行、プリペイドカードへのチャージなど様々な形に利用できます。

学生専用ライフカード

学生限定で発行可能な学生専用カードは年会費が無料

海外でのカード利用額の5%がキャッシュバックされるほか、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯します。

旅行代金の一部決済などの条件が付く利用付帯と違い、無条件で保険が適用される自動付帯保険は学生の複数枚持ちにもおすすめです。

イニシャルカード

イニシャルカードは29歳以下の若者限定のクレジットカードで年会費は在学中無料です。

イニシャルカードは初回のカード更新時(原則5年後)に年会費が格安の「MUFGカード ゴールド」にランクアップするので、将来はゴールドカードが欲しい学生におすすめです。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているので海外旅行によく行く学生にもおすすめです。

※自動付帯とは条件なしで適用される保険の付帯形式のこと。旅行代金の一部をカードで払うなどの条件が付く利用付帯とは異なる

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは即日発行可能な年会費無料カードです。

最短で申込日に審査が完了し、その日のうちに全国50以上の提携店舗でカードを受け取ることができます。

ポイント還元率は0.5%で、1,000円利用につき有効期限がない永久不滅ポイントが1ポイント(5円相当)貯まります。

貯めたポイントは景品との交換やお買い物代金への充当、他社ポイントへの移行など様々な形で利用できます。

交換可能な他社ポイント例
  • dポイント
  • WALLETポイント
  • ベルメゾンポイント

JALカード navi

JALカードnaviはカード利用でマイルが貯まる学生専用の年会費無料カードです。

カード利用額あたり1%のマイル(100円=1マイル)が貯まり、貯めたマイルは国内の往復チケット(6,000マイル)や海外の往復チケット(7,500マイル~)に交換可能。

海外旅行者向けの最高2,000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯しているので、海外旅行に積極的に行きたい学生にもおすすめです。

※自動付帯は無条件で適用される保険。利用付帯だと旅行代金の一部カード決済などが必要になる

エポスカード

エポスカードは即日発行可能な年会費無料カードです。

最短で申込日当日に審査が完了し、その日のうちに全国のエポスカードセンターでカードを受けとることができます。

エポスカードは全国10,000店舗で優待が受けられるほか、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯しているのでサブカードにもおすすめです。

※自動付帯…無条件で利用できる海外旅行傷害保険の付帯形式。旅行代金の一部をカード決済するなどの条件が付く利用付帯と区別するために使われる。

メインカードにする気はないけど急ぎでカードが必要な学生には最もおすすめできるカードです。

学生におすすめのクレジットカードと作り方の記事一覧

学生が海外で持っていくべき海外旅行補償付きクレジットカード

2017/10/20

この記事を読む

学生(大学生・専門学生)向けにクレジットカードの作り方を解説

2017/10/20

この記事を読む

学生のためのクレジットカード入手マニュアル

2017/10/22

この記事を読む

今すぐクレジットカードが欲しい学生必見!学生でも即日発行できるカード

2017/10/27

この記事を読む

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方